横浜
2017年7月6日・7日
ガソリンタンクから発生するVOC発生量予測

昨今の世界的な環境規制強化の流れの中で, ガソリンタンクから発生するVOC(Volatile Organic Compounds; 揮発性有機化合物)も規制対象になっている。本公演では, CFDソフトウェアStar-CCM+およびスーパーコンピュータシステムFOCUSを用いてガソリンタンク内のガソリンの蒸発/凝縮を解くことによって, VOC発生量を予測する。

講演者: 
Manabu Kumagami - JGC Corporation
Session Time Slot(s): 
Allowed Types: 
Session

STAR Japanese Conference 2017

2017-07-06 10:00 to 2017-07-07 18:00

『STAR Japanese Conference2017』は、お陰をもちまして盛況のうちに修了いたしました。
 

STAR Japanese Conference2017』では、STAR-CCM+®ソフトウェアやHEEDS™ソフトウェアといったMDX製品群のご利用ユーザー様によるエンジニアリングシミュレーション適用事例のご発表をはじめ、弊社より最新のCAE・CFD技術のご紹介など様々なプログラムをご用意しております。車両、重工業、化学、電気・電子、エネルギー、建築、医療機器といった幅広い産業分野における問題解決やコスト削減、イノベーションにつながる最新情報を獲得できる国内最大級のCAE・CFDカンファレンスへご登録の上、是非ご参加ください。

【開催概要】
日時:2017年7月6日(木)10:00~18:00予定  [18:00 より懇親会を開催予定]
     2017年7月7日(金)10:00~17:20予定
    ※受付開始 9:15~

会場:横浜ロイヤルパークホテル 宴会棟3F 大宴会場「鳳翔」 (横浜市西区みなとみらい2-2-1-3)
参加費:無料(事前登録制)


【プログラム】
●プログラムPDFはこちら  ●詳細プログラム(アブストラクト含む)はこちら

※競合他社様の登録はご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。

お問合せ先:
シーメンスPLMソフトウェア・コンピューテイショナル・ダイナミックス株式会社

E-mail: event-jp@cd-adapco.com
Tel: 045 475 3285

ユーザー発表募集

STAR Japanese Conference 2017での講演を募集いたします。

スポンサーパッケージ

協賛募集

Siemens PLM Software 2016